不正受給が起こる制度は、困っている人には届かない

こんにちは、彩乃です。

www.asahi.com

官僚が、事業者向けの「家賃支援給付金を不正受給した」ということで逮捕された事件が起こりました。

報道されている事実関係は、警察の「大本営発表」を記者クラブが垂れ流したのが多いでしょうから、私にはよくわかりませんけれど。

公務員が実際に事業をやって売上を出していたとなると、副業禁止違反になるでしょうし、なので現役官僚が黙って事業をやっていたらおかしいわけです。

だとすると、
・副業禁止違反なのか、
・この事業がまともに売上が出ておらず営業実態がほぼないのか、
・それともそもそも官僚自身は事業に関与していないのか、
ということになってくるでしょう。

会社を設立した時期からすると、1人は公務員になる前、1人は現役官僚になっているあいだなので、副業禁止違反にならないよう気をつけて公務員でないほうが代表者になって会社を設立していたと考えてよいでしょう。

会社をなぜ設立したのかはわかりませんけれど、「不正受給のため」ではないでしょう、なにせ設立がパンデミック以前ですから。

おそらく、親類や友人の生計のためとか、公務員をやめることになったときに備えてとか、青色申告の繰越欠損の制度を活用しようとか、そういうことなのかもしれません。

「実態のないペーパーカンパニー」だと主張するのは警察のあと付けの理屈で、設立当初は本気で事業をやる気だった可能性だってもちろんあります。

事業をやる気だけど売上がまともに出ていない企業なんて、世の中にはざらにあります。私も他人事ではなくて、事業主としてはまともに収益なんてでていなくて生きていくだけで精一杯です。

個人事業主や零細企業が、自宅兼事務所にして賃料を経費につけることだって普通にあります。

ですからこの事件の問題点は、官僚で給与を受け取って賃貸住宅に住んでいながら、その賃料を会社の経費につけて、そのうえに「家賃支援給付金」を受け取ったことで金銭的に儲けたことです。それで「高級タワーマンションに住み、高級外車に乗っている」というのなら、売上減少で損失の一部補填のためにある「家賃支援給付金」の制度を利用しているのは損得のつじつまが合わないわけですから。
警察が検挙しないといけない、そのうえに大々的に記者発表しないといけない事件であるのは、そういうことです。

不正受給が問題になると、萎縮して本当に困っている人が申請しなくなる

この国、政府自民党が実に悪いのは、
・実際に損失が出ていないと給付しない
・給付するのは損失の一部でしかない
という2点です。

そのことの害はいくつもあります。
ちなみに一つは、損失の一部しか給付されないので経済はジリ貧になることでしょう。経済を活性化させるためには、余りあるお金を出して回さないといけません。
また一つは、審査をするコストや、「不正」を検挙するコストがムダにかかることです。

そしてなにより、「不正受給」が追及されることで、やっていない人も恐がってしまいますし、かなりの人がそもそも申請しなくなってしまいます
また、イヤイヤ給付し、自助努力しろと声高に主張する国ですから、そんなもんを卑屈に頭下げて申請するくらいなら死んだほうがマシだと多くの人が思っています

繰り返し言われてきて言うまでもない話ですが、生活保護の件でも、自民党政権化では、私人であるお笑い芸人まで国会に引きずり出して吊し上げて、親類の生活保護受給を責め立てたことがありましたよね。ああいうイジメを見せつけることで、困っている人は申請しなくなります。

与えるほうは恵まれていて本当に苦労したことがないし、そのくせ卑屈ですから、お金をやりたくなくて、そして社会保障を申請する人が「あまえている」と思い込んで勘違いしているのです。

「不正受給」が理論的に起こりうる制度で、実際にこうして「不正受給」が大々的に検挙される制度です。

世の中には、個人事業主や零細企業がザラにあります。
売上が少なくてもなんとかして生き抜こうとして、大丈夫なフリをして強がったり、収益が多く見えるように努力しながら暮らしています。
けれどそうした生き抜くための努力も、「不正だ」と追及されるおそれがあるわけですから、戦々恐々として必死に生きていかないといけません
融資を受けたり与信を受けたり、ときには給付金など制度を活用することもあるでしょう。そのときに提出したり申告したりした内容が「虚偽だ」、「詐欺だ」と追及される可能性を背負わされています。

困っている立場におかれている人々は、実に大変なのです。

日本は、ケチで、足の引っ張り合いをしていて、誰も幸せになれない、かわいそうな国です。

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
にほんブログ村